読者です 読者になる 読者になる
158

タオルケット体操

サツバツいんたーねっと

[295/30ZR19 (100Y) XLR(AM8)] PIRELLI / P ZERO CORSA SYSTEM アストンマーチン承認 右側用 [タイヤのみ1本][2/-]:パワーウェブ2号店 - bffa6

2020-03-21
カテゴリトップ>タイヤ>サマータイヤ>PIRELLI(ピレリ)
[295/30ZR19 (100Y) XLR(AM8)] PIRELLI / P ZERO CORSA SYSTEM アストンマーチン承認 右側用 [タイヤのみ1本][2/-]

メーカー名 PIRELLI (ピレリ)
商品名 P ZERO CORSA SYSTEM (ピーゼロ コルサシステム)
サイズスペック 295/30ZR19 (100Y) XLR(AM8) (295/30R19)
商品備考 アストンマーチン承認 右側用
送料 全国送料無料
送料注意事項 沖縄・離島のご注文はお受けできませんのでご了承下さいませ。
上記地域のご注文の場合、送料一律10,000円のご対応となります。
納期 メーカーよりお取り寄せ商品も御座います。
メーカー欠品時、納期未定・完売終了する恐れが御座いますので、ご了承下さいませ。
お急ぎの方は、事前にメールにてご確認下さいませ。
※納期等でのクレームは一切お受けしておりませんのでご了承下さいませ。
タイヤの返品・交換について ◆装着後の返品、交換は一切、お受けいたしておりません。◆商品の性質上、装着後のクレーム(エアー漏れ、変形等)につきましては一切、ご対応ができません。◆取付技術、サイズの適応、適切なエアー管理につきましてはご購入者様の責任管理となります。
タイヤのラベルシールについて ◆輸送中にタイヤのラベルシールが剥がれる場合がございますが、ご了承ください。◆また、タイヤによりましてはラベルシールが付帯していない場合がございます。
注意事項 タイヤ単品1本のみの掲載となります。
ホイールは付属しませんのでご注意下さいませ。
商品画像は共通画像を使用しております。商品によってはパターン等が異なる場合が御座いますので予めご了承下さいませ。
適合についてのお問い合わせは、ご遠慮願います。
製造年に関しまして、メーカー非公開・在庫が流動的な為、お答えを控えさせて頂いておりますのでご了承下さいませ。

注意事項 ◇ご注文前に◇
お急ぎの方はご注文前に、お問合せフォームより在庫の確認をお願い致します。
弊社、メーカー在庫共に欠品の場合はお届けまでにお時間を要する場合が御座います。
確認が無い場合の納期のクレームに関しては一切お受け出来ませんので予めご了承くださいませ。

商品の中にはメーカーからの取り寄せとなる商品も多数御座います。
時間差欠品や廃盤などにより商品をお届けできない場合はキャンセルとさせて頂く場合が御座います。

ご注文後のキャンセル、商品変更は出来ませんので予めご了承くださいませ。

◇商品到着後◇
商品がお手元に届きましたら、内容物の確認をお願い致します。
商品不備、破損等が御座います場合は、お届けより
7日以内 にご連絡下さいませ。

取付後、加工後の商品に関しましてはいかなる理由の場合でも返品、交換はお受け出来ません。
送料 ◇配送料◇
商品により異なります為、ページよりご確認くださいませ。
ご不明な点が御座いましたらお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。
タイヤ/ホイール ◇返品/キャンセルについて◇
お客様の思い違いによるミスマッチの返品には応じられませんので、適合をよくご確認の上お求め願います。掲載画像と現物のイメージ相違による交換や返品は一切、承ることは出来ませんのでご注意願います。
◇適合に関するお問合せについて◇
適合に関しましては、お気軽に下記内容とあわせて、お問い合わせ下さい。 
■車種 ■型式 ■年式 ■駆動方式 ■グレード名 ■ビッグキャリパー有無 ■現在装着のタイヤサイズ

(例)■車種:トヨタ クラウンアスリート ■型式:DBA−GRS204 ■年式:H24年4月式 ■駆動方式:FR■グレード名:3.5 Gパッケージ ■ビッグキャリパー有無:有 ■現在装着のタイヤサイズ:225】45R18
※インチダウンの適合確認はご回答できない場合があります。
画像/適合 ◇商品画像◇
一部の商品で共通の画像を使用させて頂いている場合が御座います。
実際にお届けする商品は、品番、適合車種等により形状、デザインが異なる場合が御座います。

◇適合情報◇
商品の適合情報に関しましては最新の情報を追加するように心がけてはおりますが、マイナーチェンジ等により適合する製品の品番が異なる場合がございます。
特に現行生産車両等に関しましてはご注文の前にメーカーホームページにて最新の適合情報をご確認の上、ご注文をお願いいたします。また適合商品がページに掲載されていない場合はお問い合わせいただけましたら対応させていただきます。
ご協力お願いいたします。

【全国送料無料 ※沖縄・離島除く】
価格
73,239円 (税込79,098 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
事前の在庫確認をお願い致します。
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

君はiPhoneからcoaster beerを使ってどこにいても最高のクラフトビールを手にすることが可能だと気が付く

このブログは一応エンジニアブログなので、エンジニアリングについて書く。ITエンジニアは何故かクラフトビール好きが多い。つまりクラフトビールの話題はエンジニアリングの話題だといっても間違いないだろう。
ちなみに僕はアルコホリック・ハラスメントをする奴が大嫌いなのでこのエントリは極めてポリティカルにコレクトネスであることを前もって言っておく。ノミ・ホーダイとかいう不届きな日本文化がアルコホリック・ハラスメントの温床になって久しいときく。とにかくノミ・ホーダイとかいう薄暗い場所でションベンみたいな謎の液体を飲むのをやめて、春めいた陽気の元、楽しくクラフトなビールを飲んで欲しいと切に願う。

続きを読む

格安の電動式スタンディングデスク IKEAのBEKANT ergonomiがひっそり日本でも販売開始されているっぽい

仕事 買い物 ガジェット

Improvised Standing Desk

一度だけ、一週間ほどデンマークで仕事をして以来 *1 スタンディングデスクに恋焦がれる毎日ですが、労働環境後進国である日本で電動式のスタンディングデスクを手に入れるのは非常に困難です。
数年前からオカムラが販売しているSwiftというスタンディングデスクがあり、これは前職で利用しておりかなり快適だったのですが、15万以上するのでカジュアルにホイホイ買える選択肢ではありません。それとどうでもいいんですけど、オカムラとオカモトってめちゃくちゃ紛らわしくないですか?

本国のIKEAで、日本円にして7万前後でスタンディングデスクが買える! というニュースが去年だかくらいに少々バズったりしたせいで、せめてIKEAのクオリティと比較してから購入したいなーというのを言い訳にSwiftは見送り、時々思い出したかのように日本IKEAのBEKANTラインナップを眺めては失望する日々を送っていました。
そしてつい先日、特に何のプレスもなかったとおもうんですが、気がついたら日本IKEAのカタログにBEKANT ergonomiが追加されているじゃあありませんか。

*1 : かの周辺国では、従業員がスタンディングデスクを求めたら会社は購入する義務があるようです。それは流石にエクストリームですね

続きを読む

MMOに時間を吸われまくっている(黒い砂漠をプレイしています)

駄文 ゲーム

気がついたら2ヶ月以上もブログの更新が滞っている。なぜならネトゲをしていたから。
今も気を抜けばPCの前に吸い込まれそうになる中、必死のおもいで作り出した時間に筆をとっている。

いまプレイしているのは黒い砂漠という名前のMMOだ。美麗なグラフィック、MOではなくMMO、そしてノンターゲティング型の戦闘、自由度の生産システム……それが謳い文句だ。少し前の韓国製MMOであれば、この手のゲームは全て企画倒れのクソとして歴史の闇に葬り去られていただろう。TERA、Blade and Soul、Archeage……全て腰抜けだった。
だが黒い砂漠は今までの似たようなコンセプトをうたうタイトルよりも一段上のクオリティで作られている。MMOといいつつ、スカイリム以降のオープンワールドゲームの文脈もうまく取り入れており、またC9と同じスタジオが制作しているだけあって戦闘のスピード感もなかなかだ。なおC9と同じく、バランス調整が大味なために対人戦は格ゲーというよりは世紀末スポーツゲームに近い雰囲気となっている、がそれもまたよし。

続きを読む

プログラマーが読むべきプログラミング以外の書籍

プログラミング 読書

「〜べきXX」みたいなブログを書いてみたかった。

プログラマーという人種は控えめにいって啓蒙書やビジネス書の類を読まない(僕もそうです)傾向にある、というか馬鹿にして嫌っているようにおもいます。しかし全く読まずにバカにするのもフェアじゃないよなぁ、とおもって去年はあえていくつか有名な本を読んでみました。
しょうもない本もあったけど、流石売れるだけあって「これを食わず嫌いしてたのはもったいなかったかな」みたいな本もいくつかありました。今回はその中でもとりわけ印象的だったものを紹介してみます。

なんか有名っぽいタイトルばっか並んでる気がするんですけども、それは僕が「別ジャンルに入門するときは有名アーティストのベスト盤から入れ」派閥の人間だからです。

続きを読む